うつ病になる大きな原因を徹底解説!ストレス解消が一番の治療法

鬱はみんなで治そう

うつの特徴とは

男の人

うつ病の原因には脳内物質が大きく関係しています。うつ病は自分ではなかなか気づくことができないため、普段から自分や家族のストレスチェックを行い、異常を感じたらすぐに専門医に相談し、判断を仰ぎましょう。

快適に働くこと

婦人

ストレスと上手に向き合う

うつ病は、とても深刻な病気です。自分には関係ないと考えていても、いつのまにかそのような症状に陥っている場合もあります。では、うつ病はなにが原因で引き起こされる病気なのでしょうか。明確な原因は分かりませんが、可能性として考えられる原因はいくつかあります。一つ目は、仕事が多忙であることです。特に日本人は真面目で勤勉で、他国と比べると休暇が極めて少ないと言われています。有給もなかなかとることができないことも、これに関連しています。休みの日に仕事を持ち帰っているサラリーマンも少なくないでしょう。サービス残業をしなくてならないサラリーマンも少なくないことでしょう。いくら仕事ができても、仕事量が許容範囲を超えてしまうと、人は思考回路が回らなくなります。無理な仕事ははっきりと断ることも大切なことでしょう。会社側も、社員が今どんな状況かを把握し、きっちりと管理することが義務と言えるでしょう。他に考えられる要因は人間関係です。苦手な上司と毎日顔を合わせていると、精神的ストレスは蓄積されていきます。苦手な人といえど、上司であれば、しっかりとコミュニケーションもとらなくてはいけません。また、仕事のミスをしてしまって、そのことを過剰に責める上司もいるでしょう。他の社員がいる前で、大声で怒鳴られることもあるかもしれません。精神的に弱い人であれば、また次にミスをすると怒られるという恐怖心から、仕事をするのが怖くなります。ミスを恐れて、全てに自信がなくなってしまいます。同じ会社に相談する相手や、ストレスを発散できる仲間がいればいいのですが、そうでない場合、うつ状態になってしまう可能性もあります。また、うつの原因が人間関係であることを、別の上司に報告することも難しいことでしょう。病気のことを親身に受け入れてくれたらいいのですが、自分に甘いだとか、精神的に弱いだとか言われれば、さらに傷つきます。みんな悩みの一つくらいあると軽くあしらわれでもしたら、翌日会社に足を運ぶことも億劫になるかもしれません。このように、うつ病には、仕事が多忙であることや、人間関係が良くないことなどの理由が考えられます。様々なストレスを溜め込まないように、こまめに息抜きをする必要があります。自分自身のストレス解消方法はどのようなことかを、知っておくといいかもしれません。うつ病になってしまってからでは遅いです。うつを治療していくのは、決して簡単なことではありません。早いうちに考えておきましょう。

ちゃんと治せる病気

カウンセリング

うつ病は、遺伝的な要素に加えて様々な原因から発症する病気ですが、早い段階で病院に行くことできちんと健康を取り戻せる病気です。病院での治療が人気なのは、適切な対処でちゃんと治せる病気だということが分かっているからです。

様々な現代病

聴診器

現代病とも言われるうつ病には様々な原因があります。そして発病した方への対応、接し方が非常に重要になってきます。病院での治療や薬の投与も大切ですが精神的ストレスを軽減させてあげましょう。

大きく2通りに分けられる

医療

主にうつ病には、抑うつだけが出る大うつ病性障害と、抑うつと高揚感が交互に生じる双極性障害といった2種類があります。前者はストレスが原因となり、几帳面な人などがなりやすいのが特徴ですが、後者は脳や遺伝的な原因が強いとされているのが特色です。